All-in-One WP Migrationでのエクスポート/インポートのやり方とブログ移行方法を徹底解説

WordPressのデータベースやテーマファイルなどを一式エクスポート/インポートできる「All-in-One WP Migration」プラグインの特徴から使い方をまとめました。

今回はエクスポートとインポート機能によるブログお引越し方法のご紹介です。バックアップ機能の使い方は別の関連記事でまとめます。

ボタンクリックだけのシンプル操作!All-in-One WP Migration「バックアップ機能」の使い方

2019年7月4日

All-in-One WP Migrationの特徴とポイント

All-in-One WP Migrationでのエクスポート/インポートのやり方とブログ移行方法を徹底解説

まずは、All-in-One WP Migrationプラグインの特徴とポイントをまとめました。

All-in-One WP Migrationの特徴とポイント
  • 面倒なWordPressのお引越しが、基本的には管理画面の操作だけで完結
  • データベースやファイルの転送などの知識がない初心者の方でも使える
  • スパムコメントなどの不要なデータを除外したり、データベースだけを選んでエクスポートできるなど、柔軟な作りになっている
  • 移行先のサーバーで操作制限があるなど、手動でのお引越しが難しい時にも使える
  • ファイルもデータベースもエクスポートできるので、バックアップとして使うこともできる

何と言っても、管理画面内の操作だけで、ブログのデータとファイル一式のエクスポートとインポートが完結するというのが、All-in-One WP Migrationの大きな特徴です。

WordPressやデータベースなどに詳しくない方でも、簡単にブログのお引っ越しができるので、ここぞという時に本当に使えるプラグインです。

All-in-One WP Migrationによるブログお引越しの難易度比較

過去にこのブログでも、手動でWordPressのお引越しの記事であったり、エックスサーバーの簡単移行ツールの紹介をしています。

エックスサーバーの簡単移行ツールでヘテムルのWordPressを移行する方法(前半)

2019年5月30日

ヘテムルサーバーのWordPressをエックスサーバーへ手動で引越しする方法まとめ

2018年11月7日

これらの方法と、All-in-One WP Migrationによる操作とをざっくり比較して表にしてみました。

手間難易度ポイント
手動でのお引越し手間がかかる難しい知識が必要なので上級者向け
簡単移行ツール
(エックスサーバー)
サーバーパネルでの操作なので楽簡単ブログの内容によってはうまく移行できない時がある
All-in-One WP Migration少し手間基本は管理画面でのボタンクリック操作なので簡単初心者でも上級者でも誰でも使える

All-in-One WP Migrationは移行元と移行先の両方の管理画面を順番に操作していきます。
エックスサーバーの簡単移行ツールと比較したら、この辺りが少し手間に感じるかもですが、基本は管理画面でボタンクリックして進めていくので、初心者/上級者問わず、簡単に進めることができます。

また、手動でお引越しをやる際に面倒なデータベースの移行にも対応しているので、例えば上級者の方でも移行先のサーバーの操作権限が制限されている(phpMyadminの操作権限がないなど)場合に、このAll-in-One WP Migrationプラグインはとても心強い味方になってくれると思います。

All-in-One WP Migrationでのブログ移行が難しいケース

何百メガバイトやギガバイト単位のボリュームまで容量が膨れ上がったブログの場合、エクスポートはできても、アップロード サイズの超過により、うまくインポートできないことがあります。

管理画面だけでエクスポートからインポートまでが一気通貫で完結しない場合は、

  • ファイルは手動でFTPなどを使って移行
  • All-in-One WP Migrationはデータベースのみエクスポートとインポートを実施

のような組み合わせでやるのも手かと思います。

いちおう、ファイルのアップロード容量を増やす方法もあるので、この辺りについては、以下の手順説明の中で解説させていただきます。

All-in-One WP Migrationによるデータエクスポート/インポート手順

大まかな手順は以下のとおりです。

All-in-One WP Migrationによるデータエクスポート/インポート手順
  1. 移行元と移行先のWordPressで、All-in-One WP Migrationプラグインのインストール
  2. 移行元のデータをエクスポート
  3. 移行先のサーバーでWordPressの準備
  4. 移行先の管理画面からデータのインポート

では、1つずつ手順をみていくことにしましょう★

ブログ移行の場合、あらかじめ移行先のサーバーにドメインを追加したり、最終的にドメインのネームサーバーを変更しないといけません。

今回はこの辺りの手順は省略して、All-in-One WP Migrationの操作方法中心の解説となりますので、ご了承ください。

移行元と移行先のWordPressで、All-in-One WP Migrationプラグインのインストール

エクスポート/インポートともにこのプラグインで行うので、移行元と移行先の両方のWordPressにAll-in-One WP Migrationプラグインを入れておく必要があります。

管理画面左メニューの「プラグイン」>「新規追加」へ進んで、
All-in-One WP Migrationでのエクスポート/インポートのやり方とブログ移行方法を徹底解説

All-in-One WP Migrationを検索してインストールします。
All-in-One WP Migrationでのエクスポート/インポートのやり方とブログ移行方法を徹底解説

プラグインを有効化したら、まずは移行元のWordPressでデータをエクスポートしていくことにします。

移行元のデータをエクスポート

移行元であるWordPressの管理画面で、左メニューの「All-in-One WP Migration」をクリックします。
All-in-One WP Migrationでのエクスポート/インポートのやり方とブログ移行方法を徹底解説

サイトをエクスポートのページに来ますので、以下のことを行います。

エクスポート手順
  1. ドメインが変わる場合などは、文字列の検索/置換(任意)
  2. スパムコメントや投稿リビジョンなど、エクスポートの除外設定(任意)
  3. エクスポート先を指定してエクスポート

文字列置換やエクスポートの除外設定は任意なので、ドメインが変わらない(サーバーの引越しだけ)のであれば最短、エクスポート先を決めるだけでOKです。

ドメインが変わる場合など、文字列の検索/置換

検索 <文字列> 置換 <別の文字列> データベース内をクリックします。
All-in-One WP Migrationでのエクスポート/インポートのやり方とブログ移行方法を徹底解説

検索のフィールドに置換前の文字列を、置換のフィールドには置換後の文字列をそれぞれ入力します。
All-in-One WP Migrationでのエクスポート/インポートのやり方とブログ移行方法を徹底解説
ブログのお引越しでドメインが変わる場合は、この検索/置換フィールドにそれぞれ新旧URLを入力しておくと良いでしょう。

複数の文字列の置換が必要な場合は、追加ボタンをクリックして、検索/置換フィールドを追加します。
All-in-One WP Migrationでのエクスポート/インポートのやり方とブログ移行方法を徹底解説

置換の必要がなければここのフィールド空のままでOKでなので、先に進みましょう。

スパムコメントや投稿リビジョンなど、エクスポートの除外設定(任意)

エクスポートするデータの除外設定をしたい場合に、高度なオプションリンクをクリックします。
All-in-One WP Migrationでのエクスポート/インポートのやり方とブログ移行方法を徹底解説

すると、以下のチェックボックスが表示されるので、エクスポートしない項目にチェックを入れます。

エクスポートの除外設定
  • スパムコメントをエクスポートしない
  • 投稿リビジョンをエクスポートしない
  • メディアライブラリをエクスポートしない (ファイル)
  • テーマをエクスポートしない (ファイル)
  • 必須プラグインをエクスポートしない (ファイル)
  • プラグインをエクスポートしない (ファイル)
  • データベースをエクスポートしない (SQL)
  • メールアドレスのドメインを置換しない (SQL)

ここは、スパムコメントや投稿リビジョンなど、引越し先で不要だと思うデータを除外できるだけでなく、例えば「データベースだけ新サーバーにインポートしたい」という場合に、必要なデータだけを選んでエクスポートできるようになっています。

今回はファイルもデータベースも一式エクスポートしたい(スパムだけ除外)ので、こんな感じで進めます。
All-in-One WP Migrationでのエクスポート/インポートのやり方とブログ移行方法を徹底解説

エクスポート先を指定してエクスポート

最後に、エクスポート先ボタンをクリックして、どこにエクスポートするのかを決めます。
All-in-One WP Migrationでのエクスポート/インポートのやり方とブログ移行方法を徹底解説

エクスポート先として選べる場所は以下のとおりです。

エクスポート先
    ファイル
    FTP
    DROPBOX
    GOOGLE DRIVE
    AMAZON S3
    BACKBLAZE B2
    ONEDRIVE
    BOX
    MEGA
    DIGITALOCEAN
    GOOGLE CLOUD
    AZURE STORAGE
    AMAZON GLACIER
    PCLOUD
    WEBDAV
    S3 CLIENT
DROPBOXやGOOGLE DRIVE、AMAZON S3などの外部サービスも選ぶことができるようですが、プラグインを有料にしないと使えないものもあります。

なので、今回はオーソドックスに「ファイル」を指定して、自分のパソコンにデータ一式をエクスポートしたいと思います。

ファイル」をクリックするとエクスポート準備中と表示され、
All-in-One WP Migrationでのエクスポート/インポートのやり方とブログ移行方法を徹底解説

ダウンロード」ボタンが表示されるようになるので、クリックします。
All-in-One WP Migrationでのエクスポート/インポートのやり方とブログ移行方法を徹底解説

エクスポートされたデータは.wpressという拡張子になっています。これはこのまま、新サーバーでのデータインポートに使います。

移行先のサーバーでWordPressの準備

移行先のサーバーにドメインを追加し、WordPressを使えるようにして、All-in-One WP Migrationプラグインのインストールを完了しておきましょう。

移行先の管理画面からデータのインポート

管理画左メニューの「All-in-One WP Migration」>「インポート」をクリックすると、
All-in-One WP Migrationでのエクスポート/インポートのやり方とブログ移行方法を徹底解説

サイトのインポート画面にきますので、上の手順でエクスポートした.wpressファイルをドラッグするか、
All-in-One WP Migrationでのエクスポート/インポートのやり方とブログ移行方法を徹底解説

インポート元」を指定してファイルを選択します。
All-in-One WP Migrationでのエクスポート/インポートのやり方とブログ移行方法を徹底解説

インポートが進んでいくので、
All-in-One WP Migrationでのエクスポート/インポートのやり方とブログ移行方法を徹底解説

インポート処理により、データベース、メディア、プラグイン、テーマを含むサイトのデータが上書きされます。次の手順に進む前に、必ずデータのバックアップを作成してください。
と表示されたら「開始」ボタンクリックします。
All-in-One WP Migrationでのエクスポート/インポートのやり方とブログ移行方法を徹底解説

しばらく待つと…
All-in-One WP Migrationでのエクスポート/インポートのやり方とブログ移行方法を徹底解説

サイトをインポートしました。
と表示されると思うので、これでインポート完了です。
All-in-One WP Migrationでのエクスポート/インポートのやり方とブログ移行方法を徹底解説

あとはパーマリンクを変更したり、その他におかしい箇所がないかを確認してみましょう。

容量超過でインポートできない場合は、ファイルアップロードサイズの上限を増やす

データのインポート時に、以下のようなエラーが表示されて、うまくインポートできないときがあります。
All-in-One WP Migrationでのエクスポート/インポートのやり方とブログ移行方法を徹底解説

これは、All-in-One WP Migrationのプラグインを無制限版(有料版)にするか、別途アドオンプラグインをインストールするか、サーバーのファイルアップロード容量を調整することで(ある程度まで)解消することができます。

アップロード容量を調整する方法は以下の別記事で紹介していますが、取り急ぎここでは、.htaccessファイルでアップロード上限を拡張するのが早いので、その方法を以下に記載しておきます。

.htaccessでアップロード容量の調整する記述
php_value upload_max_filesize 128M
php_value post_max_size 128M
php_value memory_limit 256M

128Mの数値は、サーバーのスペックとインポートファイルの状況を見ながら調整してみてください。

WordPressでファイルアップロード容量の上限を変更する3つの方法

2018年10月5日

オールインワンWP移行インポートツールで容量を追加する

All-in-One WP Migrationのアドオンプラグイン「オールインワンWP移行インポート」を使えば、アップロード容量を512MBまで増やすことができるので、これを使うのも1つの手です。

上記ページへアクセスしてベーシック版(無料版)の「ダウンロード」ボタンをクリックして、プラグインファイルをGETします。
All-in-One WP Migrationでのエクスポート/インポートのやり方とブログ移行方法を徹底解説

WordPress管理画面で「プラグイン」>「新規追加」へ進み、ダウンロードしたall-in-one-wp-migration-file-extension.zipをアップロードして、インストールします。
All-in-One WP Migrationでのエクスポート/インポートのやり方とブログ移行方法を徹底解説

プラグインを有効化したら「All-in-One WP Migration」>「インポート」へ進み、アップロード容量が512MBになっていることを確認します。
All-in-One WP Migrationでのエクスポート/インポートのやり方とブログ移行方法を徹底解説


これで、All-in-One WP Migrationによるエクスーポート/インポートが完了しました。
…とまぁ、当初の想定以上に解説が長くなってしまったので、最後にもう1度まとめ直します。

All-in-One WP Migrationによるデータエクスポート/インポートのまとめ

All-in-One WP Migrationでのブログお引越しのポイントまとめ
  1. 移行元と移行先の両方のWordPressで、All-in-One WP Migrationプラグインをインストールして使う
  2. 移行元からは、必要なものだけを選んでエクスポートすることができる(余計なデータは除外しておくのが良い)
  3. エクスポートした.wpressファイルが50MBや100MBを越えると、移行先でインポートができない場合があるので、必要に応じてファイルアップロードサイズの上限を増やすようにする
  4. もし、ファイルアップロードサイズ上限を増やしても、全てのブログデータをインポートできない場合は、「ファイルはFTP」、「データベースはAll-in-One WP Migration」という具合に、別々に分けて移行するのも手

今回はAll-in-One WP Migrationプラグインのエクスポートとインポート機能についての紹介でしたが、このプラグインにはもう1つ「バックアップ」機能も付いていますので、それについては以下の関連記事でまとめています。

ボタンクリックだけのシンプル操作!All-in-One WP Migration「バックアップ機能」の使い方

2019年7月4日

こちらも合わせて参考にしてもらえると嬉しいです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました★

関連記事

コメントを残す