Contact Form 7のメールフォームで参照元の記事タイトルを自動で表示する方法

前回の記事では、Contact Form 7のメッセージ本文に、送信元ぺージのタイトルやURLを自動で表示する方法を紹介させていただきましたが、

今回は、記事の詳細ページからお問い合わせフォーム(sample.com/contact/など)にリンクした時、その遷移元ぺージの記事タイトルを、メールフォームの件名フィールドに自動で表示するということをやってみたいと思います。

functions.phpをはじめ、テーマファイルのPHPを編集しないといけないので少しややこしいですが、順を追って紹介させていただきますので、ぜひ参考にしてもらえれば嬉しいです★

Contact Form 7で参照元の記事タイトルを自動で表示する手順

先におおまかな手順からご紹介します。

Contact Form 7で参照元の記事タイトルを自動で表示する手順
  1. functions.phpの編集
  2. single.php(記事詳細ページ)のテーマファイル編集
  3. 管理画面でContact Form 7のメールフォーム編集(本文とメッセージ)
  4. お問い合わせ用の固定ページに、Contact Form 7ぺージで生成されたショートコードを追加
  5. ❷の記事詳細ページから❹のフォームへ遷移したとき、記事タイトルがフォームの件名に自動表示されるかを確認
  6. メールを送信して、メッセージ本文に記事タイトルが自動表示されるかを確認

テーマファイルを編集する工程は❶と❷です。あとは❸❹がWordPressの管理画面の操作、❺と❻が動作確認というフローになっています。

それでは1つずつ見ていきましょう。

❶functions.phpの編集

まずはテーマフォルダ内にあるfunctions.phpに、以下の記述を追加します。

function wpcf7_get_post_data( $tag ){
    if( !is_array( $tag ) ) return $tag;
    $post_id = ( isset( $_GET['post_id']) && $_GET['post_id'] ) ? $_GET['post_id'] : false;
     
    if( $post_id ) {
        if( $tag['name'] == 'post-title' ) {
            $title = get_the_title( $post_id );
            $tag['values'] = array( $title );
        }
    }
    return $tag;
}
add_filter( 'wpcf7_form_tag', 'wpcf7_get_post_data' , 11 );

投稿ID(post_id)があれば、その記事のタイトルを取得(get_the_title)して、メールフォームのテキストフィールドのvalueに入れる($tag['values'] = array( $post-title);)ということをやっています。

管理画面の「外観」>「テーマエディタ」からfunctions.phpを編集できない(ファイルを更新ボタンをクリックしても更新できない)場合は、FTPでサーバーに接続してfunctions.phpのファイルをダウンロードします。

で、functions.phpを編集してからサーバーにアップロードし直します。

❷single.php(記事詳細ページ)のテーマファイル編集

続いて、同じテーマフォルダのsingle.phpを開いて、post_idのパラメータを付けたお問い合わせページへのリンクを設置します。

この記事についてのお問い合わせ

こんな感じで表示できればOKでしょう。
Contact Form 7のメールフォームで参照元の記事タイトルを自動で表示する方法
※↑STORKテーマのボタンショートコードで少し装飾しています。

リンクの/contact/の部分は、あとで紹介する❹のお問い合わせページ(固定ページ)のスラッグに合わせておく必要があります。

❸管理画面でContact Form 7のメールフォーム編集(本文とメッセージ)

管理画面のお問い合わせページへ進み、メールの本文に以下のような「記事のタイトル」フィールドを追加します。
Contact Form 7のメールフォームで参照元の記事タイトルを自動で表示する方法

Contact Form 7のメール本文の編集


[submit “送信”]

また、メールのメッセージ本文にも「記事のタイトル」のタグを追加しておきましょう。
Contact Form 7のメールフォームで参照元の記事タイトルを自動で表示する方法

Contact Form 7のメッセージ本文の編集
差出人: [your-name] <[your-email]>
題名: [your-subject]

記事のタイトル:[post-title]

メッセージ本文:
[your-message]

❹お問い合わせ用の固定ページに、Contact Form 7ぺージで生成されたショートコードを追加

お問い合わせメールフォーム用の固定ページの編集画面で、❸で生成されたショートコードを本文に追加します。
Contact Form 7のメールフォームで参照元の記事タイトルを自動で表示する方法

❷で指定した/contact/のリンク先(スラッグ)と同じものを指定しておかないと、リンク切れになります。

❺フォームの件名に記事タイトルが自動表示されるかを確認

記事詳細ページに進んで、❷で追加したお問い合わせページへのリンクをクリックします。
Contact Form 7のメールフォームで参照元の記事タイトルを自動で表示する方法

メールフォームに遷移したときに、「記事のタイトル」のフィールドに、参照元ページのタイトルが自動で表示されていることを確認します。
Contact Form 7のメールフォームで参照元の記事タイトルを自動で表示する方法

❻メールを送信して、メッセージ本文に記事タイトルが自動表示されるかを確認

最後にメールを送信して、届いたメールの本文に記事のタイトルが表示されているかを確認します。問題なければ完了です★
Contact Form 7のメールフォームで参照元の記事タイトルを自動で表示する方法

・・・

今回は「記事のタイトル」「この記事へのお問い合わせ」という形で進めさせてもらいましたが、例えば商品を取り扱うページであれば「商品名」「この商品へのお問い合わせ」という感じで、言い回しを変えればOKです。

Contact Form 7を使っている方は、ぜひカスタマイズしてみてくださいね★


参考サイト
https://securavita.net/wpcf7-post-data/
関連記事

コメントを残す