Contact Form 7のメール本文に連番を追加できるContact Form 7 Serial Numbersプラグインの使い方

Contact Form 7のメールフォームで送信されたメールの本文や件名に、通し番号(連番)かタイムスタンプを追記できる「Contact Form 7 Serial Numbers」プラグインのご紹介です。

今回はプラグインの特徴から具体的な使い方、連番の表示サンプルなどを解説しています。

お問い合わせ番号や受付番号、またユニークなナンバーを取得したい場合に便利なプラグインなので、是非チェックしてもらえるとうれしいです★

Contact Form 7 Serial Numbersプラグインの特徴

まずはContact Form 7 Serial Numbersの特徴を簡単にまとめました。

Contact Form 7 Serial Numbersプラグインの特徴
  • メールに通し番号かタイムスタンプを追記できる
  • メールの本文とタイトル(件名)どちらにもナンバーを振ることができる
  • 通し番号に、好きな接頭語を付けることができる
  • 通し番号は、最大99桁まで桁数を調整できる
  • 複数のコンタクトフォームがあれば、そのフォームごとに設定を変えることができる

ポイントはやはり、Contact Form 7で作成されたコンタクトフォームの数だけ、個別に番号の設定ができるという点でしょう。

例えば「お問い合わせメールフォーム」の時は接頭辞を付けた通し番号で、桁数は10、「見積依頼フォーム」の場合はタイムスタンプで表示するといった感じで、フォームの種類によって表示するナンバーを自由に組み替えることができるいうことです。

機能も使い方もシンプルですが、フォームごとの柔軟な設定ができるので、とても使い勝手の良いプラグインじゃないかなと思っています。

Contact Form 7 Serial Numbersプラグインのインストール

管理画面左メニューの「プラグイン」>「新規追加」へ進み、
Contact Form 7のメール本文に通し番号を追加できるContact Form 7 Serial Numbersプラグインの使い方

Contact Form 7 Serial Numbersを検索してインストールします。
Contact Form 7のメール本文に通し番号を追加できるContact Form 7 Serial Numbersプラグインの使い方

プラグインを有効化したら、以下の手順でContact Form 7 Serial Numbersの設定をやっていきす。

Contact Form 7 Serial Numbersの設定と使い方

管理画面左メニューの「設定」>「Contact Form 7 Serial Numbers」をクリックします。
Contact Form 7のメール本文に通し番号を追加できるContact Form 7 Serial Numbersプラグインの使い方

プラグインの設定ページでは、すでに登録されているコンタクトフォームの数だけ、表示タイプや接頭語を設定できるようになっています。
Contact Form 7のメール本文に通し番号を追加できるContact Form 7 Serial Numbersプラグインの使い方

表示タイプは「通し番号」か「タイムスタンプ」のどちらを使うか選べるので、それぞれの設定方法を以下で順番に解説していくことにします。

表示タイプ:「通し番号」

通し番号は「現在のカウント」「桁数」「接頭語」を指定することができます。
新規設定の場合、以下のような値を入れておくと良いでしょう。

現在のカウント0
桁数0〜99
接頭語(任意)
接頭語は、例えば「contact」や「No.」のようなテキストを、番号の前に付けることができます。

付けるか付けないは自由なので、フォームの特性に合わせて自由に設定してみると良いと思います。


今回は、下図のように「桁数 : 10」「接頭語 : No.」でやってみることにします。
Contact Form 7のメール本文に通し番号を追加できるContact Form 7 Serial Numbersプラグインの使い方

表示タイプ:「タイムスタンプ」

タイムスタンプの場合、ラジオボタンにチェックを入れるだけです。
Contact Form 7のメール本文に通し番号を追加できるContact Form 7 Serial Numbersプラグインの使い方

また、通し番号同様に「接頭語」をつけることもできます。

あとでもメール本文のサンプルを紹介しますが、タイムスタンプはUNIX時間で表示されるので、201901010000…みたいな年月日表記ではありません。念のため。

・・・

通し番号、タイムスタンプいずれかの設定が終われば「更新」ボタンをクリックします。
Contact Form 7のメール本文に通し番号を追加できるContact Form 7 Serial Numbersプラグインの使い方

で、「メールタグ」に表示されたタグをコピーして、コンタクトフォームのメール設定画面へ移動し、メールの件名や本文で番号を表示したい場所に貼り付けましょう。
Contact Form 7のメール本文に通し番号を追加できるContact Form 7 Serial Numbersプラグインの使い方

コンタクトフォームのメール本文などに「メールタグ」を挿入

コンタクトフィームの編集画面へ進み、「メール」タブをクリックして、メール件名や本文に「メールタグ」を挿入します。
Contact Form 7のメール本文に通し番号を追加できるContact Form 7 Serial Numbersプラグインの使い方

複数メールフォームがある場合は、ちゃんとメールタグに対応するフォームを選んで挿入するようにしましょう。

自動返信メールにも番号を表示したい場合は、メール (2)にもチェックを入れ、同じようにメールのタイトルや本文に「メールタグ」を貼り付けます。
Contact Form 7のメール本文に通し番号を追加できるContact Form 7 Serial Numbersプラグインの使い方

通し番号の表示例

これで、コンタクトフォームからメールを送信すると、以下のようなメールが届くので、指定の場所に番号が表示されていることを確認してください。
※以下は自動返信メールの表示例です。
Contact Form 7のメール本文に通し番号を追加できるContact Form 7 Serial Numbersプラグインの使い方

タイプスタンプの表示例

タイムスタンプも同様に、メールの件名や本文など、指定した場所に正しく表示されていることを確認しましょう。
Contact Form 7のメール本文に通し番号を追加できるContact Form 7 Serial Numbersプラグインの使い方

・・・

こんな感じで、設定も設置も簡単なContact Form 7 Serial Numbersは、Contact Form 7のメールフォームを使っているブログではあれば、ぜひ入れておきたいプラグインの1つじゃないかと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

関連記事

コメントを残す